コロナによる変化を、チャンスに変える

コロナによる変化を、チャンスに変える

コロナ禍のマネジメント

テレワークの推進で上司と部下の物理的な距離が離れたことによって、旧来の日本式マネジメントの見直しは必須です。離れていても、適切に監視し、部下の力を最大限引き出す管理方法が求められています。

新しい働き方のルール作り

働く場所の制限がなくなったからといって、生産性を落としてはいけません。テレワーク時の全体的な方向性やルール作り、ワークフローの見直し、権限の見直し、従業員主体のセキュリティ管理など、時流にあった鮮度の高いルールが必要です。

副業・兼業の導入

テレワークにより通勤時間がなくなった今、空いた時間の活用方法として、副業・兼業のニースが高まっています。副業・兼業には、会社にとってプラスの効果とマイナスの効果といった両側面がありますが、そこを理解した上で、自社に合った制度を導入しましょう。

コロナがもたらしたもの。

新型コロナウィルスの流行により、日本は経済的に大きなダメージを負いました。
社会全体としての影響はもちろん、個々の企業が受けた影響も大きく、程度の大小はあれど、少なくともコロナ前と後では働き方が大きく変わったのではないでしょうか。
出勤制限によるテレワークの導入に始まり、働き方の変革に伴うルール作り、業績悪化によるIT活用と業務効率化や人員整理、労務トラブル対応、従業員の人生観の変化による副業の導入など、会社は売上とコストのみならず、コロナの流行による「社会的要請」に応え、変化することを求められています。

変わるために、やらなくてはいけないこと。

コロナの流行による「社会的要請」に対応するために、会社がやらなくてはいけないことはたくさんあります。
テレワークに対応するための規程整備や人事評価の変更や賃金体系の見直し、見えない労働時間の適切な管理、副業・兼業の導入による会社としての方針策定、人員整理に伴う人員選定や説明会実施および同意の取得など、専門的で細かい内容ばかりです。
弊社では、IPO労務監査のノウハウと、人事制度構築経験のある社労士により上記の課題を一気通貫で解決します。

PAGE TOP